<体調管理>「季節の変わり目!!夏から秋の『秋バテ』に要注意」 | Biz STYLE

Biz STYLE 経営者・経営幹部のための総合経営情報サイト

Biz STYLEホーム > ビジネスマガジン > ビジネスコラム:朝礼ネタ110 > <体調管理>「季節の変わり目!!夏から秋の『秋バテ』に要注意」

ビジネスマガジン

季節の移り変わりに目を配っていきたい

<体調管理>「季節の変わり目!!夏から秋の『秋バテ』に要注意」

株式会社リンク・ソリューション Biz STYLE編集部

「ミーン、ミンミンミン」とセミが鳴いて、暑い夏。残暑が厳しい夏のこの季節は、本当にしんどいですよね。
そして残暑が少し和らいでくると、涼しく感じられて心地よくなります。
しかし、季節の変わり目では体調を崩してしまうことも、しばしばあります。
今回は夏から秋にかけて注意したい「秋バテ」の防止方法を紹介します。

■秋バテとは、どんな症状
 残暑が過ぎて、9月に入った頃から、だんだんと過ごしやすい気候に変わってきます。このような季節の変わり目に、秋バテになりやすくなる訳ですが、そもそも「秋バテ」とはどんな症状が出るのでしょうか。

 <秋バテの主な症状>
 ・身体が、重くだるく感じる
 ・いつもと比べて、食欲が出ない
 ・気分が優れなくて、無気力になる
 ・少し、顔色が悪い
 ・めまいや立ちくらみがして、クラクラする
 ・肩が重く感じて、頭痛がする

 ちょっとでも上記のような症状が現れたときは、「まだ、大丈夫だろう」と思い込まないようにしましょう。

■季節の変わり目!秋バテになる原因
 夏バテに似た症状が出る「秋バテ」は、季節の変わり目がネックとなって現れます。どんなことが原因で、症状が出るのでしょうか。

(1)寒暖の差
 夏の間は、35度以上と猛暑になる日が連日に渡ってあります。昼は暑く、夜もなかなか気温が下がることがなく、熱帯夜となる日もしばしばあります。屋内に入ればクーラーが効いていて涼しいです。しかし屋外に出たとたん、うだる暑さが体を襲います。
 秋は、自然の暑さや涼しさが出てきて寒暖の差があります。昼は暑くても、朝と夜になると涼しくなっていきます。

(2)気候が秋に、移り変わる
 夏の時期は、蒸し暑いこともあれば、ただただ暑いときもあります。しかし秋になってくると気候が変化してきます。
 それは、秋特有の低気圧が通ることや寒暖の差が原因で、からだが慣れていないことから、体調を崩してしまうことがあります。空気も澄んできて、過ごしやすいですが、気候の変化には注意することが必要です。

(3)冷たいものの摂りすぎ

 暑い夏の間は、アイスや冷たい飲み物、かき氷など、冷たいものが欲しくなる季節です。ただ、夏が過ぎてくると、冷たいものの摂りすぎで、お腹を壊してしまうことや寒気がすることもあります。「まだ、暑いから大丈夫だろう」と、思っていても、季節は日に日に変わっています。摂りすぎに注意して、体調管理することが大切です。

■秋バテにならないためにできること
 夏バテももちろんですが、なってからでは遅いです。秋バテにならないようにするためには、夏バテとは少し違った対策をする必要があります。


○お風呂で、しっかり温まろう
 夏と違って、秋になると朝晩は涼しくなって過ごしやすくなります。けれども、その分、気温差には十分注意しなければいけません。そこで、大事なことが体を温めることです。
 暑いと、シャワーだけで済ましてしまうこともありますが、気温が涼しくなってくると湯冷めしてしまうこともあります。身体の芯から温めるつもりで、湯船に浸かって冷えないようにすることです。

○免疫を高める、食材を食べよう!
 涼しくなり始めてくる季節では、極力、冷たいモノは控えることです。温かい食べ物や飲み物をとり、 1日3食をバランスのある食事することです。
 少し気分が良くなくて、胃腸の調子が悪いときはムリに食べずに、よく噛んでゆっくり食べることが大切です。
 秋になると、色の濃い野菜が旬を迎え、秋バテを予防する免疫のある食べ物もあります。また、体の循環を良くしてくれる食材もあり、健康管理にも役立ちます。
秋野菜
秋野菜


<免疫力を高めてくれる食材の例>
かぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、長芋、ゴボウ、レンコン、しいたけ、しめじ、まいたけ、サンマ、鮭、サバ、栗、ぶどう、桃、梨など


<カラダの巡りを良くしてくれる食材の例>
豆乳、豆類、松の実、きくらげ、百合根、ぎんなん、きのこ類、山芋、ハチミツなど

○衣服を羽織って、調節!
 クーラーが効いた部屋に入ると、寒気を感じます。長い時間居ると、くしゃみ、頭痛といった症状が出ることもあります。
 体調を崩さないためにも、一枚羽織れる、カーディガンやシャツがあると良いです。直接着ていかなくても、持っていくだけでも安心できます。


 夏から秋にかけての時期は、とくに体調管理に気を付けなくてはいけません。「少し、寒いけど、平気だろう」と、思っていても体は正直です。冷たいものはなるべく抑えることや、薄着で長時間いないよう、注意して過ごすことです。また本当に体調がすぐれないときは、一度、医療機関に出向いて診察してもらうとよいです。
 無理せず、体調を整えて、毎日の暮らしを送ることができるように、季節の移り変わりに目を配っていきたいですね。





※この記事は一般的情報を元に作成されています。詳しい内容については医療機関に直接ご相談頂く事をお勧めいたします。

※記事は作成日時点のデータですので、あらかじめご了承ください。

関連カテゴリ

関連記事

関連記事

RSS Feed

Biz STYLE RSS
RSSについて
<体調管理>「季節の変わり目!!夏から秋の『秋バテ』に要注意」:中小企業経営・新規事業ほか企業経営に今すぐ役立つ! | Biz STYLE

新規事業/フランチャイズ情報:外食 | 美と健康 | 教育 | 食品流通 | 保険・不動産 | 支援ブランド
セミナー/イベント情報:経営セミナー | 事業説明会 | 経営課題別研修

Copyright ©2014 Link Solution Co.,Ltd.

経営者と経営幹部のための、経営情報・経営セミナーの「Biz STYLE | ビズスタイル」