<体調管理>「良い仕事をするために 自立神経を整える食べ方とは」 | Biz STYLE

Biz STYLE 経営者・経営幹部のための総合経営情報サイト

Biz STYLEホーム > ビジネスマガジン > <体調管理>「良い仕事をするために 自立神経を整える食べ方とは」

ビジネスマガジン

整った心身でベストパフォーマンスを展開するために

<体調管理>「良い仕事をするために 自立神経を整える食べ方とは」

株式会社リンク・ソリューション Biz STYLE編集部

毎日の激務をこなす中において、とかく食事の時間はおろそかになりがちです。
良い食べ方は自律神経が整い、自ずと良いパフォーマンスや仕事の仕方に繋っていきます。
ストレスフルな毎日の中で、どんな食べ方に気をつけていけば良いのでしょうか?

■よく耳にする自律神経とはそもそも一体何なのか?
 「自律神経がダウンしている」などという言葉をよく耳にしますが、どういうことなのか、意外と曖昧なのではないでしょうか。
 自律神経とは、交感神経と副交感神経の2種類の神経のことを指します。主に交感神経はアクティブな状態、副交感神経はリラックスの状態に働きます。自律神経が整っているということは、言い換えれば交感神経と副交感神経の両方がバランスよく働いているということなります。そして内臓器官のうち、特に血管をコントロールしている自律神経を整えれば、血管の収縮が安定し、血圧が安定していきます。そのため、一流の仕事を行い、正確な決断を下していくためにも自律神経のバランスを整えていくことは重要なのです。
イメージ
イメージ

 では、自律神経と食べ方との関連性はどこにあるのでしょうか。腸は第二の脳とも言われますが、腸内環境を整えると副交感神経の働きが良くなります。高ぶった交換神経を落ち着かせるためには、副交換神経の働きが必要不可欠です。そのためにも腸を整える食べ方をすることが、とりもなおさず自律神経を整えることに繋るのです。



■朝から昼にかけて自律神経を整える食べ方とは
 朝食をとらずに出社するビジネスマンが多いとされていますが、自律神経を整えるためにも毎日の規則正しいリズムを意識しながら、少しでも口にしていくことが大切です。朝起きて水も飲まずに、駅にむかってダッシュでは、交感神経が高ぶり、体に良いはずがありません。わずか10分でも水分をとり、バナナ1本でも口にして、朝をスタートして行きましょう。
 そして、自律神経を整える食べ方として一番大切なことは、何といってもストレスをかけずに食べることです。たとえば、そんなにたくさん食べていないのに太ってしまうという経験はありませんか?。ストレスがかかった状態で食べていると副交感神経が下がり、腸の働きが悪くなります。そのため、腹5~7分目を心がけて、楽しく食べることが大切です。
 また、仕事が忙しくてデスクでサンドイッチをぱっと食べる、菓子パンでお腹をいっぱいにするなどというビジネスマンも多いのではないでしょうか。少しでもリラックスできるように、デスクから席を立って景色が見えるところで食事をとる。外まわりの途中でコンビニの食事であっても、風にあたりながら公園で気持ちよく食事する…。そのように、食事の時間を短くても、リラックスできる時間にしていくことで自律神経が整っていきます。

■効果的な間食と適正な食事量 睡眠前に副交換神経の働きを妨げないために
 昼食をとってから以降、夜遅くまで残業をして、遅い時間に食べ過ぎてしまうということはありませんか。これでは体のリズムが狂ってしまうのも当然かもしれません。
 極端に空腹な時間を作らないように、メインの3食は腹5~7分目にする。その上で合間に少しずつ何かを口にしておくことが重要です。いつも腸が動いている状態は副交感神経が高められます。仕事の合間でもぱっと食べられるような糖質抑え目のダークチョコレートなどを用意しておくと、空腹も抑えられてリラックスすることもできます。
 そして、夕食は寝る前の3時間はとらないように気をつけましょう。寝る前に消化を促すことで自律神経が整います。どうしても残業で遅くなるといった時には前述した間食を駆使しながら、消化の良い物を選びつつ、腹5分を目処にとっていけば良いのではないでしょうか。
 年齢とともに男性も女性も副交感神経の働きが下がりがちになり、腸の動きが悪くなります。自律神経に負担をかけない食べ方を少しだけ心がけることで、蓄積すれば大きな変化にと繋っていきます。

■食事とともに水を制して自律神経を整える
 水を一口も飲まないで、一日が終わってしまうということはありませんか。食事は一日3回ですが、水は手軽にいつでも飲めます。ペットボトルをデスクに、またはかばんに必ず入れておけば、より意識して飲むことができます。こまめに水を飲むということで腸が動き、副交感神経の働きが高まります。
 また人間は一般的に1日2リットルの水分を外に出すと言われていますので、その分の水を補うことは理にかなっていると言えます。そして炭酸水も効果的です。炭酸の刺激が腸を動かし、血行が促されて副交感神経が整えられます。口当たりが爽やかですから、仕事の合間に気分転換として飲んでも気持ちが良い一口です。
 適度にコーヒーなどを飲むことも決して悪いことではありません。カフェインは自律神経のうちの交感神経が刺激されますので、気分転換や集中力を高める時にぴったりです。すべてに通じることですが、食べる量、時間は大きく自律神経に関わってきます。交感神経と副交感神経のバランスを考えながら、少し気をつけて工夫していくことで、体調は変化していきます。

 体調が整えば、メンタルも安定します。整った心身でベストパフォーマンスを展開するためにも、自律神経の働きを意識しながら毎日の食事に気をつけていきたいものです。



※この記事は一般的情報を元に作成されています。詳しい内容については医療機関に直接ご相談頂く事をお勧めいたします。

※記事は作成日時点のデータですので、あらかじめご了承ください。

関連カテゴリ

関連記事

関連記事

RSS Feed

Biz STYLE RSS
RSSについて
<体調管理>「良い仕事をするために 自立神経を整える食べ方とは」:中小企業経営・新規事業ほか企業経営に今すぐ役立つ! | Biz STYLE

新規事業/フランチャイズ情報:外食 | 美と健康 | 教育 | 食品流通 | 保険・不動産 | 支援ブランド
セミナー/イベント情報:経営セミナー | 事業説明会 | 経営課題別研修

Copyright ©2014 Link Solution Co.,Ltd.

経営者と経営幹部のための、経営情報・経営セミナーの「Biz STYLE | ビズスタイル」