台湾女性に人気の日本情報サイトで躍進する | Biz STYLE

Biz STYLE 経営者・経営幹部のための総合経営情報サイト

Biz STYLEホーム > ビジネスマガジン > 台湾女性に人気の日本情報サイトで躍進する

ビジネスマガジン

地域特化の広告メディア

台湾女性に人気の日本情報サイトで躍進する

ジーリーメディアグループ(東京都渋谷区)

約70万人ものユニークユーザーを持つ台湾向け日本旅行情報サイト「ラーチーゴー!日本」を運営するジーリーメディアグループ(東京都渋谷区)。台湾人スタッフが日本各地を取材して制作、台湾ユーザーから人気を博している。地域特化型の広告メディア事業として、台湾市場というブルーオーシャンを切り拓いた吉田晧一社長に話を聞いた。

■台湾で人気の観光サイト
 2012年に立ち上げた日本観光情報サイト「ラーチーゴー!日本」を、いまや月に70万人ものユニークユーザーを持つ人気サイトに育てたジーリーメディアグループ。台湾ユーザーの圧倒的な支持を背景に、日本の鉄道会社や百貨店、レストランなど約500社をクライアントとする広告事業へと発展させてきた。
 Facebook上でのファン数は約47万人にも上り、日本観光系のサイトでは人気ナンバー1。同社の提供する情報はSNS経由で週に約74万人に届いている。SNSの普及率が日本より圧倒的に高く、テレビや新聞よりインターネットメディアの影響力が高い台湾においてウエブサイトやSNSは有力な広告媒体だ。ユーザーの68%が女性で、とりわけ25歳~34歳の働く独身女性がメイン。最も多いのは台湾ユーザーで38万人、次いで香港4万人、さらにマレーシアや在日台湾人の利用者も少なくない。
 人気の理由はメインユーザーと同世代の台湾人スタッフによる、日本人とは違う視点の観光情報。社員25名のうち日本人は吉田晧一社長を含めて4名、香港出身者が1名で、それ以外は全て台湾人スタッフ。編集スタッフの多くがマスコミ業界の経験者であるため、さまざまなメディアとの繋がりがあることも同社のセールスポイントだ。「ラーチーゴー!日本」の立ち上げ当初は8万人~10万人/月だった訪日台湾人観光客が今では3倍の約30万人以上になったことも追い風となって売り上げは好調。前期は1億円(2015年5月末決算)、今期の売り上げは約3億円を見込んでいる。

■台湾はブルーオーシャン
 吉田社長は大学在学中に独学で中国語を勉強、半年間台湾へ留学した。大学卒業後は朝日放送に入社。テレビCMのマーケティングを担当する。その後、大学の先輩が経営するベンチャー企業に入り、輸出入の手伝いをしながら起業の準備をしていた。当初想定していたターゲットは上海。だが、リスクの大きさを感じ、台湾市場に可能性を見出す。台湾は外資に対してフェアなうえに親日家が多いことも吉田氏の背中を押した。「当時、多くの企業は中国にマーケットを探そうとしていたため、台湾はノーマークだった」(吉田氏)。いまなお同社のような台湾に特化した日本観光情報メディアの会社はない。しかし、2014年に訪日した中国人240万人に対し、台湾人は280万人。「実は台湾人のほうが日本に来ている」(吉田氏)という状況だ。語学力や留学経験という自らの強みと手付かずのブルーオーシャンとしての台湾市場。「ここならいける」と吉田氏は確信した。
台北にオープンするアンテナショップで販売する北海道の物産品を社員みんなでセレクト
台北にオープンするアンテナショップで販売する北海道の物産品を社員みんなでセレクト

 ウエブサイトのコンテンツのライティングは最初から現地スタッフと決めていた。日本人が書き、中国語に翻訳したパンフレットやサイトを見ても面白いものがなかったからだ。台湾人ライターなら現地目線のうえ、生き生きした表現になる。さらに時間もコストも抑えられる。
 効率化を図るために日本人スタッフが集めた情報の中から取材先を台湾人スタッフが選定し、取材、ライティングを行う。
 現在は観光ガイドブック製作といった出版事業や日本語の語学アプリ制作なども行っている。「面白くて新しいことをどんどんやっていきたい。業種の枠には収まらない」(吉田氏)

■アンテナショップを台北に出店
 2016年1月末には、セレクトショップやカフェが並ぶ台北の東区エリアに日本の物産品や雑貨、化粧品を販売するアンテナショップ「Michi Cafe(ミチカフェ)」がオープン。店舗名は道と未知を掛けている。商品物販、観光情報ガイド、カフェスペース、イベント・セミナーの4本柱で展開する。「ウエブサイトでの反響や、日本在住の台湾人、あるいは台湾通の日本人の手によって、その時々の台湾の市場の半歩先、一歩先を行く商品が並ぶアンテナショップにしたい」と言う吉田氏。自社メディアによるプロモーションができるうえ、広告収入があるため小売価格も抑えられるという期待の新規事業だ。「ある程度軌道に乗ってきたら委託販売を増やしていきたい。リスクが少ない広告とは違うが、リアルな展開ができ、また違った楽しみがある」(吉田氏)。
ジーリーメディアグループ 吉田晧一社長<br />「多言語化している情報メディアが少なくない中、台湾に特化したからこそ需要が拓けた」と語る
ジーリーメディアグループ 吉田晧一社長
「多言語化している情報メディアが少なくない中、台湾に特化したからこそ需要が拓けた」と語る

 さらにビジネスの横展開も視野に入れている。台湾で使う繁体字の漢字(主に台湾、香港、マカオ、シンガポールで使われる。中国は簡体字を使用)は香港もほぼ共通。香港は個人消費の額が圧倒的に大きく、なおかつ富裕層の多い魅力的な市場だ。 さらに、今後はアウトバウンドも考えている。「台湾の日本人観光客は訪日台湾観光客の半数程度。まだまだ可能性はある」。吉田社長はすでに新たなブルーオーシャンを追っている。


<Company Profile>
 株式会社ジーリーメディアグループ
 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-11 第一シルバービル5階
 03-5925-8611
 資本金500万円
 従業員 25名
 http://www.geelee.co.jp/
定期購読の詳細はこちら(Fujisanへ)
定期購読の詳細はこちら(Fujisanへ)

※記事は作成日時点のデータですので、あらかじめご了承ください。

関連カテゴリ

関連記事

関連記事

RSS Feed

Biz STYLE RSS
RSSについて
台湾女性に人気の日本情報サイトで躍進する:中小企業経営・新規事業ほか企業経営に今すぐ役立つ! | Biz STYLE

新規事業/フランチャイズ情報:外食 | 美と健康 | 教育 | 食品流通 | 保険・不動産 | 支援ブランド
セミナー/イベント情報:経営セミナー | 事業説明会 | 経営課題別研修

Copyright ©2014 Link Solution Co.,Ltd.

経営者と経営幹部のための、経営情報・経営セミナーの「Biz STYLE | ビズスタイル」